投稿日:2023年9月22日

耐火被覆工事が生かされる場所ってどこ?

こんにちは!
株式会社阿部建装は千葉県流山市に位置し、創業から千葉県・東京都・埼玉県・茨城県でマキベエを使用した耐火被覆工事に対応してまいりました。
蓄積したノウハウを生かし、これからもお客様にご満足いただけるような施工をお届けいたします。
本記事では、耐火被覆工事が生かされる場所についてご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧ください。

鉄骨造の建物には耐火被覆工事が必要不可欠!

青い作業着で指を差す人
耐火被覆工事が生かされる場所として、まず思い浮かぶのは鉄骨造の建物です。
鉄骨造とは、鉄骨を主要な構造材として使用する建築方法です。
鉄骨造の建物は、コンクリート造や木造に比べて、高層化や大空間化が容易であるというメリットがあります。
しかし、火災に弱いというデメリットもあります。
鉄骨は高温にさらされると強度が低下し、変形や溶解を起こす可能性があるのです。
結果、建物の倒壊や崩壊の危険性が高まるため、鉄骨造の建物には耐火被覆工事が必要不可欠といえます。
耐火被覆工事では、鉄骨にマキベエやセラミックファイバーなどの不燃性の素材を施工します。
これにより、火災時に鉄骨が高温にさらされても、温度上昇を抑えて強度を維持できます。

ビル

耐火被覆工事が生かされる場所の代表例として、ビルが挙げられます。
ビルは多くの人々が利用する施設であり、火災が発生した場合には大きな被害が想定されます。
ビルは高層化や大空間化が進んでおり、多くが鉄骨造で建てられているため、耐火被覆工事が必要です。
耐火被覆工事では、ビルの構造体や設備にマキベエやセラミックファイバーなど不燃性の素材を施工します。
これにより、火災時にビルの倒壊や崩壊を防ぎ、人命や財産を守れます。

倉庫・工場

耐火被覆工事が生かされる場所として、倉庫や工場も忘れてはなりません。
倉庫や工場は、物資や機械などの保管や生産を行う施設であり、火災が発生した場合には大きな損失が発生します。
また、倉庫や工場もビルと同様に高層化や大空間化が進んでおり、鉄骨造で建てられていることが多いため、耐火被覆工事が必要です。
耐火被覆工事を施すことで、火災時に倉庫や工場の倒壊や崩壊を防ぎ、物資や機械を守れます。

耐火被覆工事は実績豊富なマキベエ屋にお任せ!

サポートの文字とハートを持つ手
弊社では耐火被覆工事を承っております。
耐火被覆工事をお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひプロの施工業者である弊社までご相談ください。
丁寧なヒアリングでニーズを確実に把握し、安全管理を徹底させながら高品質な施工を行います!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社阿部建装は千葉県流山市の耐火被覆工事業者です|現場作業員を求人中
株式会社阿部建装
〒270-0102
千葉県流山市こうのす台1215-10
TEL:090-6226-1364 FAX:04-7137-9801


関連記事

耐火被覆工事は稼げるって本当!?

耐火被覆工事は稼げるって本当!?

こんにちは! 株式会社阿部建装です。 弊社は、千葉県流山市を拠点に、マキベエを用いた耐火被覆工事を手 …

耐火被覆工事と資格の関係を解説!

耐火被覆工事と資格の関係を解説!

こんにちは! 株式会社阿部建装です。 弊社は、千葉県流山市を拠点に、マキベエを用いた耐火被覆工事を手 …

「成長実感をもちながら働きたい」そんなあなたへ

「成長実感をもちながら働きたい」そんなあ…

「このままの状態で仕事を続けていて良いのだろうか」 千葉県流山市を拠点に耐火被覆工事を手がける株式会 …

お問い合わせ  採用情報