投稿日:2023年9月25日

耐火被覆工事と断熱工事って違うの?

こんにちは!
株式会社阿部建装は、経験豊富なスタッフが揃う施工業者です。
千葉県流山市を拠点に、千葉県・東京都・埼玉県・茨城県でマキベエを使用した耐火被覆工事に対応しております。
本記事では、耐火被覆工事と断熱工事の違いについてご紹介します。

耐火被覆工事と断熱工事の違い

悩む人
耐火被覆工事とは、火災の際に建物の構造体や設備を保護するために、耐火性の高い素材で覆う工事のことです。
断熱工事とは、建物の熱の流出や流入を防ぐために、断熱性の高い素材で覆う工事のことです。
耐火被覆工事と断熱工事は、目的・法令・材料に違いがあります。
まず耐火被覆工事は、火災時に建物が倒壊しないようにすることが目的です。
断熱工事は、冬は暖かく夏は涼しくすることを目的に施工を行います。
また、耐火被覆工事は、建築基準法や消防法などの法令で定められた耐火性能を満たす必要があります。
断熱工事は、省エネルギー法や建築基準法などの法令で定められた断熱性能を満たさなくてはなりません。
材料の面でいうと、耐火被覆工事ではマキベエやセラミックファイバーなどの不燃性の素材を使用します。
断熱工事では、ウレタンフォームやグラスウールなどの断熱性の素材を使用するのが特徴です。

熱から建物を守るために、耐火被覆工事をしよう

耐火被覆工事は、建物を熱から守るだけでなく、人命や財産も守る重要な工事です。
万が一火災が発生した場合、耐火被覆工事をしていれば以下のような働きをしてくれます。
・建物の倒壊や崩壊を防ぐ
・火災の拡大や再発を防ぐ
・煙や有毒ガスの発生を抑える
耐火被覆工事では、鉄骨に不燃性の素材を施工することで、温度上昇を抑えて建物自体の強度を維持できます。
また、設備や物資に不燃性の素材を施工することで、発火や爆発を防ぐことも可能です。更に、火災によって燃える物質は、煙や有毒ガスを発生させます。
その結果、建物内の人々は呼吸困難や中毒などの危険性にさらされます。
耐火被覆工事で不燃性の素材を施工することで、煙や有毒ガスの発生を抑えられるのです。

耐火被覆工事は実績豊富なマキベエ屋にお任せ!

見積書と電卓とペン
弊社はビル・倉庫・工場などを対象に、耐火被覆工事を行っております。
平成28年に設立したばかりのまだ若い会社ではございますが、経験豊富なスタッフが揃っておりますので、ぜひ安心してご相談ください。
いかなる現場においても、安全管理を徹底しながら高品質な施工を追求いたします!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社阿部建装は千葉県流山市の耐火被覆工事業者です|現場作業員を求人中
株式会社阿部建装
〒270-0102
千葉県流山市こうのす台1215-10
TEL:090-6226-1364 FAX:04-7137-9801


関連記事

耐火被覆工事は稼げるって本当!?

耐火被覆工事は稼げるって本当!?

こんにちは! 株式会社阿部建装です。 弊社は、千葉県流山市を拠点に、マキベエを用いた耐火被覆工事を手 …

私たちは鉄骨造の建物を火災から守ります

私たちは鉄骨造の建物を火災から守ります

はじめまして!株式会社阿部建装です。 弊社はビル・倉庫・工場などを対象に、耐火被覆工事を手がけており …

【求人】2024年4月より、働き方改革をさらに進めます!

【求人】2024年4月より、働き方改革を…

新年度となりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか? 千葉県流山市の株式会社阿部建装では、新年度 …

お問い合わせ  採用情報